私たちは、子育て支援と、女性のエンパワーメント支援を両輪にして、
子育てがもっと豊かなものになるよう、さまざまな方面から活動を行っています。

私たちの活動についてはこちらのメニューからごらんください。

第11回はぐはぐ子育て塾を開催

9月19日(木)
金沢市教育プラザ富樫にて、第11回「はぐはぐ子育て塾」を開催しました。
今回の参加者は31名(親14名、子ども15名)でした。

子育て塾講座では、
講師に、勝尾外美子さん(金沢子どもの本研究会代表)をお招きして、
「子どもにとって良い絵本との出会いとは」のテーマでお話いただきました。

 

 

講座の主な内容・・・

○絵本は、子どもの成長にとって心の栄養になる。妊娠7か月になると聴力も発達してくる。7か月になったら、是非お腹の赤ちゃんに絵本を読んであげてほしい。

○産まれてすぐにも読んであげてほしい。その時、お父さんにも声を出して読んでもらってほしい。両親で子どもの心に栄養を与えてあげましょう。

絵本は知的なおもちゃとして親子で楽しみたい。絵本は、子どもの心と言葉を豊かに育ててくれる。「読んで」という気持ちを素直に表現できる子どもを育てることも大切。

お母さん自身が絵本の中に入って感動したりして絵本を楽しむと、こども達も自然と絵本を楽しむ習慣がつく。

○3歳になると、なんとなく内容がわかってくるので、好きな絵本を選ばせてあげてほしい。絵本を読んでいる際に、こどもの感想を受け入れる、お母さんが言葉を投げかけることも大切。

子どもが大きくなっても抱っこをして読んであげるとよい。お父さんなら子どもをあぐらの上に乗せてあげると子どもはとても安心する。読み聞かせは小さい子どもだけのものではない。6年生の子どもでも、お母さんのおひざは大切。ましてや小さい子はなおさら必要。

********

この日は、開始直後は人数が少なかったのですが、途中から徐々に参加者が増えてきました。ほとんどが1歳未満のお子さん連れで、勝尾先生のやさしいお話で会場が温かい雰囲気に包まれました。
先生82歳、赤ちゃん0歳と、80才を越える年齢差の間に、なんとも穏やかな空気が流れていたように思います。
終了後には、ママたちの表情もすっかり和やかになっていました♪
 

**********

次回はぐはぐ塾は、
11月19日(火)、
子育て塾は、テーマ「子育て中の育児、ストレスどうしてる?」の内容で、
開催します。
※ファシリテーターは、水島栄美子、佐々木しのぶ(はぐはぐスタッフ)

引き続き、絵本読み聞かせなどもご用意しております。
お子さんと一緒に参加でき、ママ同士で学び語り合える子育て塾に、
どうぞ、お誘い合わせてお越しください四葉のクローバー