私たちは、子育て支援と、女性のエンパワーメント支援を両輪にして、
子育てがもっと豊かなものになるよう、さまざまな方面から活動を行っています。

私たちの活動についてはこちらのメニューからごらんください。

パパの子育て塾『そして、パパになる』開催レポート

前回、お知らせした「はっぴーママ石川版」との協同イベント、
パパの子育て塾『そして、パパになる』
1月19日、金沢市教育プラザ富樫にて開催しましたニコッ


子育て中のパパ9名(内一名は独身の近日中に結婚予定の男性保育士)にご参加いただき、
ファシリテーターは「はぐはぐ」代表の水島栄美子が務めました。

 

 

まず自己紹介を行った後、2つのグループに分かれ、
「初めてはじめてパパになった気持ち」についてディスカッションしました。
当初は緊張からか、男性特有の無駄な話をしないというスタンスからか、
静まり返っていた会場でしたが、
話し出すとみなさん饒舌になり盛り上がっていきました矢印上

 

 

さらに、家族のイメージを絵で表現をしてもらい、全員が発表。
絵に描くことにより、自らの家族のイメージがより明らかになり、
その後の「パパの役割」をテーマにしたセッションでは、
たくさんの発想豊かな意見が出されました。

「ママの愚痴をどう聞いてあげたら良いか」
「男性と女性との違い」などの課題もあがり、

それぞれの経験や知恵を出し合い、短い時間の中で本質をとらえた内容に
展開していきました。

話し合いの中から、
パパ達の気持ちの中には、
普段はあまり表現できていない「妻への感謝」や「やさしさ」「思いやり」が
根底にしっかりあるということを感じました。

 

セッションのまとめに、出産後のママの気持ちの変化、父性と母性のレクチャーを行い
最後に、パパからママへの一筆啓上を便箋に書いていただきました。
日頃手紙など書いたことがないパパたちがほとんどで、
戸惑いながら一生懸命、真面目に妻あてに書いている姿がほのぼのとして微笑ましく、
見ているスタッフにとっても素敵な時間でしたハート
 

この日のイベントは、
スタッフからコメントを述べ、協賛企業からのプレゼントをお渡しして終了。
参加者からは、
「パパ同士で意見交換ができて良かった」
「男女の価値観の違いを知ることができた」
などの声をいただきました。


**********
後日談として…
1週間後に届いた手紙はママたちに大変喜ばれ、
パパたちも照れくさかったものの嬉しかったそうです。
このささやかながらも幸せなエピソードが、
家族の歴史の中に刻まれ、暮らしの糧になってくれればと願います四葉のクローバー

 

イベントにご協力いただいた参加者のみなさん、スタッフのみなさんには、
心より感謝いたします。
今後も子育て環境向上に役立つご意見・提案などございましたら、
「はぐはぐ」までお寄せください。これからの活動に反映させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたしますハート