私たちは、子育て支援と、女性のエンパワーメント支援を両輪にして、
子育てがもっと豊かなものになるよう、さまざまな方面から活動を行っています。

私たちの活動についてはこちらのメニューからごらんください。

第14回はぐはぐ子育て塾を開催

3月19日(水)、
金沢市教育プラザ富樫にて、第14回「はぐはぐ子育て塾」を開催しました。
今回は53組の親子、約100名と、これまでで最高のご参加をいただき、
研修室はママとお子さんの熱気ムンムンでしたよき
 

子育て塾講座には、
講師に医師の沼田直子さん(石川県南加賀保健福祉センター兼加賀地域センター所長)をお招きして、「こころ育ての子育て 〜あるがままでいい〜」のテーマでお話いただきました。

 

 

チューリップ講座の主な内容・・・
○赤ちゃんが生まれた瞬間は、赤ちゃんもお母さんもピカピカで大きいハートを持っている。ところが、赤ちゃんが成長するにつれてそのハートは外側からの矢印(圧力)によって小さくなっていく。
お母さんのハートは経済的な事情、他の赤ちゃんとの比較、家族関係によって。赤ちゃんのハートは友達との関係や受験、親からの過剰な期待などがその要因になる。

○ハートを生まれたときのように大きく保つためには? 
子供を見守る。待つ。信じる。親にとって大切なことは、親自身が自分を好きであること。小さい子供に対しても、きちんと謝ること。必ず横についているからね、ついていくからね、という守りのまなざし。ちょっと客観的に子供を見て、子供の成長を楽しむゆとりを持つこと。

***********

 

 

講座は、先生の体験談あり、お母さん方で話し合う時間あり、盛りだくさんの内容でした。話し合いが終わる時間は、気付いた人から拍手をしていくという工夫もあって、時間がだらだらと長引かず有効なひとときでした。

なかでも「生まれたばかりの赤ちゃんと新米ママは大きなハートを持っている。それがだんだんしぼんでいくのは何故?」という問いかけは、若いお母さん方が自分たちのストレスを見つめ直すきっかけになったと感じました。

親も人間だから間違ったときは謝る。親が自分自身を好きになる。なるようになる、とゆったり構える。つまり、子供を親の所有物ではない一人の人間として扱うことが、親にとっても子供にとっても必要だというお話は、ママたちの心の中に静かに残り、いつしか大きく育っていく言葉だと思いました。
 

*********
次回子育て塾は…
子育て支援はぐはぐ副理事長で愛香南部幼稚園アドバイザーの横江栄子さん、幼稚園教諭で保育士の高桑陽子さんを講師に、

テーマ「親子で遊ぼう〜親子で楽しむリズム遊び・遊び方教えます!」の内容で開催します。

■日時 5月19日(月)午前10時30分〜12時
■場所 金沢市教育プラザ富樫 1号館 131研修室

引き続き、絵本読み聞かせもありますよ♪
お子さんやパパ、仲よしのママとどうぞ、お気軽にお越しください。
親子でリズム遊びを楽しんで、心も体ものびのびと深呼吸しませんかニコッ