私たちは、子育て支援と、女性のエンパワーメント支援を両輪にして、
子育てがもっと豊かなものになるよう、さまざまな方面から活動を行っています。

私たちの活動についてはこちらのメニューからごらんください。

企業の皆さまへ

 

◆ 女性の社会進出と社会の子育て責任

少子、高齢化が進み、日本の労働人口が減少していくことは、日本の未来を考える上で深刻な問題の一つです。
国も、政策の最優先課題として「少子化対策」や「子育て支援」に本格的に取り組み始め、今後は女性の社会進出もますます顕著になることと思われます。

女性が結婚し、子どもを産み育てながら働き続けるには、もちろん家族の協力が不可欠ですが、これからは企業や行政、地域など、社会全体での子育て応 援がますます必要となってきます。この“社会全体で子どもを育む基盤づくり“は、未来を生きる子どもたちに対するわたしたち大人の責任であると思います。

 

◆ 生活の充実が仕事にも相乗効果を

企業経営者のみなさんにとっても、「子育て」は重要な課題です。なぜなら、企業で働くパパ、ママが仕事と子育てを両立し、生き生きとした人生を歩んでいければ、企業にとっても、大きなメリットがあるからです。

実際に育児休暇を取った男性・女性社員からは、「会社や上司、同僚に対しての感謝の気持ちが生まれるとともに、仕事の意欲がアップした」「仕事へのかかわり方が”量から質へ”変わり、効率的な仕事をすることができるようになった」など、多くの好事例が報告されています。
育児休暇やWLB(ワークライフバランス)などの積極的な導入は、社員の福利厚生の充実だけでなく、企業が優秀な人材を定着させ、業務を改善し、業績を向上させていくための絶好の機会なのです。

 

◆ 子育てはまず「親育て」から

こうした状況から、わたしたちは「子育て支援は、親を支援(親育て)していくことが大切なのではないか」との確信に至り、さまざまな親支援に取り組んでおります。活動の中心として、親向けの子育て塾や企業向けの講座やWLB講座なども企画・運営を行っております。
さらに今後は、虐待防止活動や虐待を受けた子どもたちへの支援などにも力を入れて取り組んで参ります。

 

◆ 虐待を未然に防ぐ支援を

社会的に弱者である子どもたち、特に虐待を受け、辛い思いをしてきた子どもたちは、現状の社会システムの中では、成長してからも引き続き苦労を強い られ、子どもを産んでも上手く育てられない親になるケースも少なくありません。また、ごく普通の家庭で育てられた人でも、出産し母となった途端、さまざま な要因からストレスを生じ、わが子を虐待してしまう不幸なケースも後を絶たず、誰でも起こり得る問題となっています。

このような子どもたちへの虐待は年々増加の一途をたどっており、育児不安が少子化の問題にも影響を与えているのが現状です。わたしたちは「子育て支 援」活動とともに、子どもたちへの虐待を未然に防ぐ取り組みや、養護施設の子どもたちへの大人になった時の進学や就労などの自立支援なども行っていきま す。


企業の皆様には、このようなわたしたちの活動理念をご理解いただき、ご支援ご協力をお願い申し上げますとともに、ご一緒に、未来ある子どもたちのために歩んで頂けますことを心より願っております。

 

 

事業内容

◆ 親力向上事業

本来、充実感の大きいはずの”子育て”。しかし、さまざまな社会状況の中で育児ストレスを抱え、悩んでいる親たちはけっして少なくはありません。
子育て中の親たちが、子育てを楽しみながら、子育て力を養い、自信を持って子育てができるよう、「はぐはぐ子育て塾」を開講します。

>> 詳しくはこちら

 

◆ 子育て応援事業

わたしたちは、子育て中の母親たちだけでなく、父親たちの育児参加も推進していきます。父親の積極的な育児参加は、家族の絆を深め、母親の育児ストレス軽減や情緒安定にもつながります。
父親の親力育成をはかるとともに、企業側の「ワークライフバランス」への取り組みを促し、子育て支援への理解を深める活動を進めます。

>> 詳しくはこちら

 

◆ 子育て支援に関するコーディネート

>> 詳しくはこちら

 

◆ はぐはぐ子育て基金

>> 詳しくはこちら

 

◆ 子育てに関わる調査研究事業

>> 詳しくはこちら

 

◆ 女性の自分育て応援事業

>> 詳しくはこちら

 

 

サポーター会員募集


「はぐはぐ」では、会の趣旨にご賛同いただけるサポーター会員を募集しています。

会員の特典
当会主催のセミナーに参加できます。
当会のメールマガジンを配信します。
当会の各種事業に参画できます。

年会費
サポーター会員(個人)2,000円
サポーター会員(法人・団体)10,000円

>> サポーター会員に関するお問い合わせ・申し込みはこちら