私たちは、子育て支援と、女性のエンパワーメント支援を両輪にして、
子育てがもっと豊かなものになるよう、さまざまな方面から活動を行っています。

私たちの活動についてはこちらのメニューからごらんください。

活動の趣旨

 

子育ては喜びの多い営みですが、同時にいろいろな意味で大きな負担と責任をともないます。
核家族化や出産年齢の高齢化、地域社会の子育て力の低下、さらに父親の長時間労働などにより、
この数十年来、子育ての負担と責任は母親一人に集中する傾向しがちです。
一人で重い負担をかかえ、いわゆる”密室育児”の中で苦しんでいる母親も少なくありません。
結果的に育児不安や児童虐待などの深刻な問題が生じています。

このような状況の中で必要なのは、
第一に、子育て中の親が「親力」(親としての能力)を養うこと。
第二に、子育て中の女性が、子育てでキャリアを中断されたり、生き方や生活環境が限定されることなく、自分の将来について希望を持つこと。
わたしたちは、さまざまな形で社会が、そのための「エンパワーメント」(力をつけること)の支援をしていくべきであると考えています。

近年、人がやりがいや充実感を持って生きていくために「ワーク・ライフ・バランス」(仕事とくらしの両立)の必要性が唱えられています。子育て支援も、子育てが一段落した後も含め、女性の人生全体を視野におさめた支援であるべきです。
”子育て”は、女性だけでなく男性もまた、人間的に大きく成長できる人生の重要なプロセスでもあります。
子育て中の親が、この経験を通じて、大いに学び、発見し、人との温かいネットワークを築いていけるよう、わたしたちは子育ての支援・エンパワーメントの支援の両方を目的とする事業活動を行ってまいります。

理事長あいさつ

子育ては大変な仕事ですが、その喜びもまた大きいものです。
ただ、今の社会の現状では、まだまだ子育て環境が十分に整っているとはいえません。仕事を持つ母親、専業主婦の母親、ともに悩み多き子育てを強いられています。


仕事を持ちながら子育てをしている母親たちは、社会制度的にワークライフバランス(仕事と生活の調和)がさらに進むことを待ち望んでいます。子育てに専念している母親の中には、カプセル状態での子育てに煮詰まったり、子どもを虐待するのではないかと心配している人たちも多いのです。
夫婦だけで育てて いる家庭も、親と同居して子育てをしている家庭も、シングルマザーも、それぞれに子育ての苦労はつきません。そんな状況の根底には「男は社会、女は家庭」 という性別役割分業意識が根強く残っているのではないでしょうか。子育て支援は「女性がいきいきと自由に生きられる社会基盤づくり」のための重要な支援で もあるのです。

 

わたしたち「子育て支援 はぐはぐ そのままでいいよ」はこのような状況の中で、子育てを社会全体で応援することを目指しています。子育て中の親をはじめ、生涯にわたって女性たちがいきいきと暮らせる社会の実現は、未来を担う子どもの幸せにつながります。
具体的には、子育てに関わるお母さんの声、お父さんの声に耳を傾け、サポーター的立場にあるおじいさんやおばあさん方からもお声をいただき、それを社会へ発 信します。その声を働く場である企業の経営者のみなさまに届け、どうしたらお互いに納得のいく生き方ができるのかを探っていきます。


地域では、元気な高齢の方たちが子どもたちの育ちを見守ってくださっています。こうした志や活動を活かしながら、暮らしの中での子育てと地域との連携も欠かせません。日々の暮らしを大事にし、母親の居場所づくりも進めたいと思っています。
また現実には、虐待を受けた子どもや、やむをえず養護施設で暮らさなければならない子どもたちもいます。その子たちの応援も進めていきたいと思っています。

これからも、みなさまのご支援をいただきながら、ゆっくりですが前へ進んでいきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。